かまぼこができるまで

■はじめに・・・

遠い私達の祖先がビタミン・ミネラル・カルシウム・たん白質など、栄養たっぷりのかまぼこを発明して以来、今も盛んに食べられています。肉や魚がきらいなお友達もかまぼこ食べて丈夫な体でスポーツに勉学にがんばろう!

01. すりみの原料となる新鮮な魚を市場から運びます

えそ・たら・いわし・たちうお・あじ などの魚を使ってかまぼこを作ります。

近海、地元の海で獲れた新鮮な魚を、魚市場より直接工場へ運びます。

02. すりみを作る準備をします

運ばれた鮮魚の頭や内臓を取り去ります。

03. 骨と身肉を分けます

余分なものを取り去った後、水洗され魚肉採集機で骨と身肉に分離されます。

04. すりみにします

脱水された魚肉は、ミンチにかけられペースト状にされます。

各工程で出た汚れた水は、汚水タンクにためられきれいな真水にして川にもどします。

05. すりみに味付けをします

ペースト状にされた魚肉に各種調味料、でんぷん等を加えてすります。

06. 形を整えます

味を加えられたすり身は各種機械でかまぼこの形に成形されます。

07. 加工します

成形されたかまぼこはここで蒸したり、焼いたり、油で揚げたりされます。

08. できあがり

加工された出来たてのかまぼこは冷気でひやされます。

製品となったかまぼこは自動包装機で屋号のついた包装をかけられ

お得意先へ配達されます。

店長あいさつ

村川蒲鉾通販サイトへようこそ

この度はご来店頂きありがとうございます。当店自慢の蒲鉾を長崎有喜からご紹介いたします。ごゆっくりご覧下さい。

店長 村川恭彦

 

ご連絡先

■株式会社村川蒲鉾

〒854-0121

長崎県諌早市有喜町248番地

TEL:0957-28-2016

FAX:0957-28-2954


■フレッシュヤマショウ【直営店】

実店舗営業時間(08:30~17:30)

携帯電話

携帯電話

モバイルサイト準備中

お楽しみに・・・

トップページ| 商品紹介| ショッピング| よくある質問| コミュニティ
お客様の声| 店舗・会社案内| お問い合せ|